24時間チャリティーマラソン

義援金集めのために24時間でマラソン二回分の距離を走った男性も。ニール・オーモイネ・レノンさんは、ロンドン北西部スタンモアにある公園内の競技場で正午から24時間、夜も寝ずにひたすら走り、見事56マイル(約90キロメートル)を完走しました。かつて埼玉で英語を教えていたというニールさん、個人スポンサーたちから1000ポンド(約13万円)を集めて赤十字社に送りました。

Lennon Marathon man 3 smiling with a biblondon20o2

イギリス東部のノーフォーク州では、中学1年生たちがチャリティーイベントとして24時間学校の講堂に泊り込みました。「わずかでも東北の助けになることをしたい」という子どもたちの願いと、「被災者たちの日常に少しでも思いをめぐらせられたら」という先生たちの意向が生んだこのプロジェクト。あらかじめスポンサーに募金額を決めてもらい、生徒たちがイベントをやり遂げたら約束通り支払われる仕組み。寄付金はイギリスの民間国際救援隊(IRC)に送られました。

 

 

Leave a Reply