Archive for 2月, 2010

「onedotzero」展 V&Aで開催

日曜日, 2月 28th, 2010

Decode
Decpde_Identity 4

1997年以来、常に新しい映像の形を探求し、世界各国で行われてきたイギリス発の映像フェスティバル、onedotzero。ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria & Albert Museum)との共同制作により、”Decode: Digital Design Sensations”というタイトルの展示会が今年4月まで開催している。従来のフェスティバルとは異なり最新のデジタル技術を駆使した、さまざまなイ ンスタレーションが展示されている。プロジェクタースクリーンの前で動きを感知するセンサーを使ったインタラクティブアートからインターネットの情報をビ ジュアライズした作品まで、世界各国から集められた作品は35点にも及ぶ。日本からはアーティスト集団「ダムタイプ」のメンバーでもあるミュージシャンの池田亮司氏とデザインスタジオのWOWの作品が展示されている。

“Decode: Digital Design Sensations” 公式サイト

特集: ロンドンのアール・デコ

日曜日, 2月 28th, 2010

Senate_House_UoL copy_03

アール・デコとは1920年から1940年の間、世界的に流行した芸術運動。特にアメリカには多くのアール・デコ建築がまだ存在する中、アール・デコと聞 いてロンドンを想像する人はあまり多くはないだろう。20世紀以前に建てられた建築物が多いロンドンだが、探してみると意外にアール・デコ調が目につく。地下鉄の駅や映画館、ランドマーク的な建物であるShell Mex House、Hoover BuildingやDaily Express Buildingといったビルがあちこちに点在する。その中でも今回、撮影に使えるアール・デコ建築のロケーションをいくつかご紹介します。

『セネト・ハウス/Senate House』

セネト・ハウスはロンドン大学の管理部用のビルとして1937年に建築家チャールズ・ホールデンにより完成された。上の写真はセネト・ハウスの外観である。19階建ての64メートルにも及ぶ高さは出来た当初、セント・ポール寺院についでロンドンで2番目に高い建物であった。ジョージ・オーウェルが「1984」の中で出てくるある組織の建物を説明した時、セネト・ハウスをモデルとしたと言うことでも知られている。

『エルタム・パレス/Eltham Palace』

Eltham Palace 10エルタム・パレスは現在、文化遺産として認定されている公邸である。中世にはシェークスピアが題材にしたことで知られるヘンリー8世が少年期を過ごしたとも言われている。1936年に当時の織物業界の有力者、コートールド夫妻によって現在のアール・デコ調の姿になった。ロンドンにおけるアール・デコ建築の代表作と名高いその建物と庭の面積は284エーカー(1150㎡)。壁には木材の他に象牙や真珠などがふんだんに使用され、庭には中世に建てられた橋や伝統的な英国式のガー デニングも見られる。

エルタム・パレス ロケーション サイト

『フリーメイソンズ・ホール/Freemason’s Hall』

FreemasonsHall_pic

フリーメイソンズ・ホールはイギリスで発祥した秘密結社、フリーメイソンリーの本部(グランドロッジ)として数々の会議が行われてきた。フリー メイソンとは友愛団体で会員は世界中に約500万人いると言われ、あの鳩山総理もその一員ではないかと噂されている。フリーメイソンズ・ホールはロンドンの中心部に位置し、1985年から一般公開されるようになってから数々の映画や広告のロケーションとして使用されてきた。約2.25エーカー(9100㎡)の敷地には21のロッジルームがあり、図書館・博物館も設備されている。中でも一番大きな部屋のグランド・テンプル (Grand Temple)は1700人収容可能でコンサートやミュージカルの会場として使われることもある。

フリーメイソンズ・ホール ロケーション サイト

注目のクリエーター: Lernert & Sander

土曜日, 2月 27th, 2010

LernertSanderwebsite

アムステルダム在住のアーティストデュオ、LernertとSanderは親友同士。Lernert Engelbertsは作家兼映像ディレクター、Sander Plugはグラフィックデザイナー兼アーティストとして、二人が初めてコラボレーションした作品はウサギ型のチョコレートがアイロンやドライヤーの熱で溶けていく様をフィルムに収めた作品「チョコレート・バニー(Chocolate Bunny)」であった。この作品を皮切りにドキュメンタリーやCM、インスタレーションなどさまざまな作品を一緒に手がけている。ミニマルで実験的な作品は現代アートとして受けとめられるが、国内のCMやMTVのIDなどにも多く採用されている。今後注目のクリエーターであることは間違いない。

Lernert & Sander 公式サイト

CHOCOLATE BUNNY (2007年)


REVENGE (2009年)

ロケーションスポット: アブダビの超豪華ホテル

木曜日, 2月 25th, 2010

Entrance_hall

総工費用3000億円、アブダビ首長国を代表する2006年に完成した超高級ホテル、エミレーツ・パレス・アブダビ(Emirate Palace Abu Dhabi)。2007年に公開された映画「キングダム-見えざる敵」のロケ地の1つとしても使われた、隣のドバイ首長国では見られない荘厳なホテルだ。総敷地面積100ヘクタール(1000㎡)、そしてアラビア湾に面した1.3キロメートルのプライベートビーチ。ホテルの内装はゴールドが基調となっている。

エミレーツ・パレス・アブダビ バーチャルツアー

エミレーツ・パレス・アブダビ 公式サイト

Phantom HD GOLD ついにドバイに上陸

木曜日, 2月 25th, 2010

PhantomCamera01

昨今までは、アラビア半島諸国での超高速撮影の際、ロケごとにハイスピードカメラをはじめ周辺機器やオペレーターを欧州から呼びよせる必要があった。そのために多くのコストと時間が必然的に費やされていたことは言うまでもない。しかし、遂に今年からドバイに、Phantom HD二世代目のPhantom HD GOLDとオペレーターが上陸。Phantom HD GOLD カメラ、Phantomシネマグ(ホットスワップ可能のフラッシュメモリーマガジン)、Phantomシネステーション、そしてオペレーターをパッケージ という形で提供することが可能になった。これで海外から手配せずとも現地で調達することができる。もちろんカメラ本体のHD-SDI出力で4:2:2でのテープ収録可能だが、カメラから直接シネマグにデータを保存、シネステーションを使ってシネマグから超高速で読み取り、4:4:4 HD-SDI出力でテープやディスクでの収録も可能である。

ロンドン 新ロケ・スポット

木曜日, 2月 25th, 2010

battersea-power-station_007バタシー発電所(Battersea Power Station)がはじめて建てられたのは1930年代。当初は現在見られる建物の半分で1950年代に増設され現在の姿になりました。上空に大きな豚の風船を飛ばし撮影されたピンクフロイドのアルバム「アニマルズ」のカバー写真としても有名で、ロンドンを代表するランドマークの一つです。1975年に40年間続いた発電所としての役目を果たし、現在撮影ロケーションとして本格的に貸し出しを始めました。内部は30年代に流行したスタイルと50年代のスタイルが建物の中心でキレイに別れており、そのユニークな作りは独特な雰囲気を出しています。以下のリンクから詳しい写真を見ることができます。

http://www.industri.uk.com/battersea/filming.html

世界を旅する時計、世界を旅する広告

水曜日, 2月 10th, 2010

Citizen_visual_Dubai

世界6都市で展開されたシチズンのビルボード広告をドキュメントしたスペシャルサイト「CITIZEN × FUKUYAMA MASAHARU ~世界を旅する時計、世界を旅する広告」が去年の12月に公開された。東京、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、ドバイ、香港の各都市に「世界へ。」 という キャッチコピーと共に大きく張り出された広告をスタッフは時差にも負けずハードスケジュールのなか、全都市のビジュアル撮影とレポートを完成させた。 ドン・プロダクションズとしてはロンドン・オフィスとドバイ・オフィスが同時に一つのプロジェクトをコーディネートするという異例なケースであった。


Citizen_visual_London


「CITIZEN × FUKUYAMA MASAHARU 」スペシャルサイト